<   2008年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧


必要性・・

e0143598_5475284.jpg
























水草はどんな味だろう?・・
そんなこんなで夜が明けました水草君です
はい今日も地味めです 苦笑
写真のごとく「液肥」です

その前に・・
ウチではADAのソイルと共にパワーサンド スペシャルを使用しています
「スペシャル」は
ノーマルのパワーサンド+さらなる栄養素
そしてバクター100とクリアスーパーが含まれています

つまり富栄養素になり初期は換水との戦いです (二階のかたすいません 汗
一階で楽してます) って初心者の私が書いても重みが相変わらずないですね 苦笑

まぁそれはさておき結論から
液肥は無くても大丈夫! っていうか初期の頃は入れられない!っていうか
相当気を付けなければ危ない。。と思うのです
どうしても添加したければ
若干、底床の栄養分が抜け始めたころから液肥添加すればよいと思います
1ヶ月くらいのソイルではおそらくわかりづらいと思います
(水草の種類や水質、CO2添加量の違いで差がでますのでご了承ください)
グリーンブライティ step1は
セット時から3ヶ月と書いてありますが
先ほどの私と同じような環境下では少なくともセット時はいらないと感じました

ぎゃくに
ブライティKでカリウムの補給のほうが必要性を若干感じます

本来肥料は水草の種類や状態により様々に処方しなければならないと
大磯の時に感じました 
白化してないか?
ロタラはちぎってみてもろくなってないか?
などなど初心者の私なりに考え添加するようにしています 


e0143598_6264757.jpg

























今日もくだらない持論で申し訳ないです
百人いれば百通りのやり方が有りますモノね
私が正しいなんて思ってもないですからぁ・。・
っていうよりか液肥も高いしね、無駄に授業料は払わない方がいいですしね。。

皆さんのご意見聞かせてください。。
[PR]

by mizukusax2 | 2008-11-20 06:23 | 器具

マストアイテム

e0143598_5193389.jpg






















はい 今日はのっけから地味です 笑
しかしこのアイテム、アクリル水槽を頂いたときに一緒に付いてきたモノなんです
が・・・

これが無くては今のへっぽこはありません あんま説得力がないですね 苦笑
頂いたプロホース?の排出の先に数メートルのブルーのホースをつけて風呂場へ・・

そうこの先にホースを付けることに気づかなかったへっぽこは
バケツにためてから捨ててました ふ〜 愚かでした 苦笑

付けたららくちんらくちん!
バケツから水がこぼれて床をびっしょびしょにして拭く時間も無くなったし
底床も大磯は結構奥まで掃除できるし
まぁソイルはさすがに掘り起こしませんが・・

それが終わったら注水・・
注水は浄水器からホースでチューーーーーー
重いつらいイメージの換水もウチでは全く今では無縁
むしろPHさえ(計りませんが 笑)大きく変動しなければ毎日したいくらいです

地味ですがこのアイテムがなければ換水の頻度も落ち
コケコケになって水草水槽どころじゃなかったかもしれません
[PR]

by mizukusax2 | 2008-11-17 05:35 | 器具

ミクロソリウム


e0143598_4325982.jpg


























順番的にミクロですね
ながーく伸びた葉、まさに水草の中の3番バッター
前景でも中景でも大きければ後景でも・・・
場合によってはホームランも。。。

しかしこれも意外に初心者はメンテがわかりずらいです

って初心者の私が言うなって?苦笑

活着は何処かのサイトでもご覧になってください

しかし活着前に
まずはじめに
購入時傷んだ葉は切っておく。
先が切れていたり
黒くなってるのは

「根本から切る」

もったいないからって
葉の途中から切ってもしょうがありません
根本から切ってください

そしてそれは念の為捨てずに浮かせておきましょう。

子株ができるかもしれません

ミクロは切ると子孫を残すために子株を増やすと何処かで読みました
ですから、切って浮かせておいて子株を取りましょう

子株の取り方はゆっくりはがすと「ぺりって」取れます
できれば2,3センチ以上になってから取った方が無難です。

生長の度合いは遅い部類だと思います
黒髭コケの餌食になりやすいので
水流の強いところに私の場合置いていません

陰性なのでラクチンだと思います




e0143598_4341724.jpg
























e0143598_4362122.jpg






















全然関係ない話ですけど。。
「レヨンベールアクア」のページが見れないんですけど
サーバー移転?それにしてもおかしい
潰れたんでしょうか?
知っている方いらっしゃましたら情報よろしくです。、
[PR]

by mizukusax2 | 2008-11-11 04:36 | 水草

モス トリミング

モスとミクロソリウムは定番中の定番だと私は思ってます
しかし、私のように初心者では意外に扱いづらい一面もあると思います

モスは水質を悪くしてしまう要因のゴミを貯めてしまう
(形状からしかたが無いと思いますが)

ミクロソリウムはいつの間にか大きくなっていたり葉の裏から毛みたいのが増えてくる・・・

こんな点が私の場合問題になりました
(あれぇ〜 上級者の方は大笑いしてますね)

ともにメンテナンスをしっかりとしなければ
当たり前のようにおきます

そんでは今日は
モスからいきましょう

軽くメンテまでの流れを・・・

活着させるのは流木です 絶対的に。
初心者はムリせず流木にしましょう
石は剥がれやすくレイアウト的にも上級だと思います
そして木綿の糸できればモスと同じ色のやつ
何も知らずにADAのモスコットンを買ってしまい、使ってますが
結構時間が経過してまで残ってしまってます

巻き方は様々なHPで紹介されているのでパスしますが、
あえて言うならば活着させるポイントとしては見える範囲で良いと思います
頑張って裏側まで巻いたりすると
私のような初心者の場合痛いめにあいます
まき付けが弱かったり
荒かったり
すると、モスがそこら中に散らばり
数ヶ月すると「あわわわ」
結構しぶとく生きて そこら中に活着、取ろうとすると他の水草まで抜けちゃう・・

それに裏側など照明が当たらない部分は黒くなり
枯れてしまう確率が高いですから

しかし今書いたのは皆さんも当たり前に実践していると思います

折角ですから
へっぽこなりのポイントとして

「元気の無いモスは浮かせる」

浮かせて照明を当て元気をださせてから巻くのもテクニックです
(散らばりに気をつけてくださいね)
その際に枯れてしまった所は「思い切って捨てましょ」

「巻きすぎない」

モスもそうですが糸はやがて解けて水中に(コットンの場合)が・・・
その解けた糸さえも実際は水を汚す原因です
小型の水槽は特に気をつけましょう

さて
活着後どんどん伸びてきます
メンテは有る程度日数がたちちょっと触ったくらいじゃはがれないように
なってから行ってください。でないとハサミで切り損ねたときに剥がれてしまう
場合がありますので、じっくりと伸びたのを確認してからトリミング致しましょう。

どれくらい待てば良いのか? はじめわかりませんモノね
引っ張ってモスが剥がれず流木がほんのちょっとでも動けば
活着できてます、これくらいならほぼ大丈夫だと思います

さぁ、、はさみを持ってトリミングにかかりましょう

トリミングも自己流です
まず切りやすい向かって左側から切りモスの長さを決めてから
左そして前と私は行います

下記は
そんな感じの連続ショットとなります
あんまり参考になりませんが
一生懸命撮りながらカットしたので
見てください


e0143598_4343014.jpg
























e0143598_4345532.jpg
























e0143598_4352342.jpg
























e0143598_436154.jpg
























e0143598_4363168.jpg

























どうでしょうか?

上級者の方には笑われてしまうかも知れませんが・・苦笑
100円ショップのハサミにしては上出来だと自分で思ってます
そして少し伸びると良くなっていきます
失敗して切りすぎたところはモスが少しずつ埋めてくれると思います
カットをしていくうちに上達すると思います
切ったモスがそこら中に舞うので早めに換水をしてください
これで貴方の水槽もワンランクあがると思います。。。
って・・・へっぽこが言うなって・・怒られそうですね 笑

最後にトリミング後、数日の写真を載せておきます


e0143598_505553.jpg
[PR]

by mizukusax2 | 2008-11-07 05:00 | 日々の水草
line

目指せ世界ランキング 苦笑


by mizukusax2
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30